大分の相続手続き・成年後見手続き・会社設立・債務整理

TEL:097-538-1418
メールでのご予約はこちらから
ブログ
  • カテゴリー

マンション傾斜問題

「漆は嘘をつく」

輪島塗は何度も何度も重ね塗りを
するので、手抜きをしても上から
綺麗に塗ればパッと見はわからない。

騙そうと思えば騙せる。
だからこそ、騙してはいけない。
それが職人の仕事。

NHKの前の朝ドラ「まれ」での一場面。

今回のマンション問題は、
まさに騙しですね。

建ってしまえばわからない、
データ偽装も素人にはわからない、
そんなつもりでやったのでしょうか。

たった一つの嘘がそこに住んでいる人や
関わった企業、その社員に大迷惑をかけ、
人生をも狂わせてしまいました。

プロであるからこそ、
結果が良ければいいのではなく
そのプロセスも丁寧に
やっていなかければなりませんね。

我々の仕事も一般の方にはわからない、
説明しても理解できないであろうことは
沢山ありますが、職人として
誠心誠意込めた仕事をしようと
改めて思うところです。

お~3人も

毎年なぜか私までドキドキする日。

今日は司法書士試験(一次)の合格発表でしたね。

合格された皆さん、おめでとうございます!!

大分からは3人も合格されたそうで、
近年にない盛況ぶりですね。

ここ数年はせっかく大分で合格しても
採用する事務所がなかったり、
独立するのも躊躇われて、
県外に出られる方も多いようです。

でも、大分でも個人の事務所ではなく、
法人化した大きな事務所も増え、
採用枠も増えていると思うので、
独立希望でもそうでなくても、
ぜひ大分で働いてもらいたいですね。

もちろん当事務所でも採用可能ですよ。
とりあえず遊びにでもきませんか~

合格された皆さん、
今夜は祝杯を挙げて、
明日からまた口述試験に向けて
頑張ってくださいな。

ダメだった皆さん、一度
勉強方法を見直してみましょうね。

大分で受験の講師でもやりたいな~。
(もう受験知識はだいぶ??ですが。。)

261件

昨年の大分での後見申立件数は、
261件だったそうです。

当事務所でも10件くらいは
申立いたしましたが、
案外少ないですね。

全国では34,174件。

でも認知症患者は約462万人。
さらに予備軍は400万人。

成年後見制度の需要は
十分にありそうですが、
まだ認識されていない、
制度の使い勝手がイマイチなど、
理解が進んでいないところでしょうか。

当事務所で申立てた方の経緯は、
不動産を処分したい、
銀行で本人確認ができなかった、
というところが多いですね。

なのでそういう事態にならないと
後見申立をしようということには
ならないのかもしれませんね。

そういう事態になってから申立をしても、
手続きに2ヶ月程度かかりますので、
認知症とわかった段階で、
本人の財産を守るためにも
後見制度を活用するといいかと思います。

もっとも後見人の不祥事も多いですので、
後見人との信頼関係をしっかり
築き上げることが大事ですね。

当事務所では後見に関する
サイトを作ってますので、
ご参考までに→→ 成年後見手続きをサポート

ハプニングセミナー

22日土曜、久しぶりの
セミナー講師をしました。

実はまだ入院中ですが、
どうしても断るわけにいかなかったので、
一時帰宅で対応させてもらいました。

豊和銀行のホルトホールプラザで
20名弱のお客さんに、
終活に関する法律をクイズ形式で
セミナーいたしました。

開始15分くらい前から
パソコンの準備をしていたのですが、
どうやってもプロジェクターに映らず。。。

パワーポイントでアニメーションまで
こだわって作りこんできたのに・・・。

結局パソコンは使えず、
レジュメを使ってお話いたしました。

でもなぜかいつもより絶好調!

ランナーズハイとかクライマーハイとかみたいに
気分が高揚してくるやつです。

こうなるとアドリブがバンバンでます。
笑いもとれちゃいます。

終わったときには拍手喝采で、
ものすごい達成感と満足感でした。

ここ1年くらいセミナーを控えていましたが、
それは司法書士業務というより、
FP業務での依頼が多くて、
あまり自信が持てずイマイチだったんです。

今回は相続・遺言・後見・贈与といった
王道の話ですが、私なりにわかりやすく
お話させていただきました。

おかげでセミナーの楽しさを思い出し、
またやってもいいかな~
という気分にもなりました。

大分県内どこでも行きますので、
私のセミナーに興味がありましたら、
遠慮なくご連絡くださいな~。

ほうまくんミニミニ

久々のセミナー

今月22日土曜の13時から
豊和銀行ホルトホールで
セミナーを開催予定です。

テーマは

「クイズで学ぶ終活の法律」

終活に関する法律ですので、
財産管理、成年後見、贈与、相続、遺言
といった王道になってしまいますが、
FP的な視点で老後にいくら必要なのか、
老後の有意義なお金の使い方なども
お話しできたらなと思います。

皆さんで一緒に考えながら
法律を学びましょう〜

どうぞご参加くださいな!

とはいえ、今検査入院中です。

たぶんセミナーまでには退院してるはず。。。

ほうまくんミニミニ

大分でも合同会社設立しましょう

先週末、今年度最初の研修会に
参加してきました。

商業登記についての研修でしたが、
興味深かったのは、合同会社についてです。

合同会社についてはまだ
申請件数は少ないですが、
最近少しずつ増えてきた気がします。

講師曰く、合同会社のメリット
・設立費用が安い、早い。(公証人の定款認証不要)
・維持費用も安い。
・機関がシンプルなので意思決定が早い。
・発言権が出資金額に関係ない。

またどういう業態の方が設立するとよいかというと、
・飲食業など会社名を出す必要のない業種(屋号でよい場合)
・シニアや主婦の仲間での起業
・子会社
などなど。

イメージしにくいですが、
アップルジャパンや西友も合同会社だそうです。
(この辺は節税の関係もありそうです。)

会社を設立するときには
それなりに費用がかかり、
初期投資を抑えたかったり、
仲間うちの組織を設立するときは、
合同会社がお勧めということですね。

当事務所でも合同会社の設立手続きが
できますので、お気軽にご相談くださいね。

ちなみに合同会社の設立登記費用は、
当事務所では10万円~11万円です!

 

弁護士さんいらっしゃい

最近、弁護士さん多くなりましたねぇ。

法曹人口を毎年3000人増やす
目標としていたところ、
逆に多すぎるということなのか、
年間1500人にすることになりそうです。

1500人でも多いと思いますが。

ベテランの弁護士さんからは
質の低い弁護士が増えたと
嘆きの声も聞こえます。

弁護士さんが増えると、
我々司法書士の分野とかぶる
ところが多いので危惧してしまいます。

司法試験合格しても就職先がない方が
少なくないようですが、地方の田舎に行って、
自分で開業する余地はまだまだありそうですけどね。

法科大学院行って、その後も勉強して
数年後にやっと合格してからの人で
社会経験もないとなると、
自分で事務所を経営するというのが怖いですよね。

そんな弁護士さん!
ウチの事務所の一部をお貸ししますよ。
経営も一緒に勉強しましょう。

お気軽にお問合せくださいな~。

会計監査権限

5月1日から会社法が改正されました。

中小企業など一般的な会社にも関係する
内容の1つに、監査役の会計監査権限の
登記というのが新設されました。

監査役の権限として、
業務監査権限と会計監査権限があり、単純に言えば、
業務監査権限は取締役の職務執行について監査をし、
会計監査権限は会計書類についての監査をする
ということになります。

中小企業の場合、一般的には、
定款に監査役の権限は会計監査に
限定する旨の記載があると思います。

今回の改正では、この会計監査権限のみである
ということが登記事項として新設されました。

現在、就任されている監査役の方は、
直ぐにこの登記をしないといけない
わけではありませんが、今後、
就任される方からはこの登記が必要になります。

次回、就任の登記をされる際には
お気をつけくださいませ。

他にも社外取締役や増資手続きについて
改正があったようですので、
手続きをされる際には、
司法書士に事前にご相談されることを
お勧めいたします。

たまには仕事のお話でした~。

丸10年

4月11日は私の司法書士登録の日でした。

今年で丸10年。。。

あっと言う間というか長かったというか。

司法書士に成り立てのころは、
法律家という高邁な精神と
社会的地位に責任感と
自信を持っておりました。

しかし実際実務をやってみると、
司法書士試験を受かるレベル
でないとできないことというのは
仕事の全体の2割くらいかなと思います。

それ以外は本人がやろうと思えば、
ネットで調べたりしてできてしまいます。

そうなると法律家というより、単なる
サービス業ではないかという気持ちになります。

実際、都会の司法書士事務所では、
価格競争が激化しているようで、
これも市場の論理からすれば
当たり前のことですが、
法律家という妙なプライドもあったりします。

そんなジレンマに悩みながらも
法律家であってもサービス業であっても
お客様のためになる仕事をする
という気持ちでやっていこうと
改めて思ったところでした。

退去クリーニング

先日久しぶりに司法書士会の
相談会に参加してきました。

この時期多いのは敷金返還問題ですね。

預かった敷金では足りず、
さらにクリーニング代を高く請求するような、
悪徳な案件は昔ほど多くはありませんが、
まだまだ相談は多いようですね。

賃貸借契約書にクリーニング費用を
賃借人に負担させるクリーニング特約がある場合、
その有効性が争われます。

①契約書に具体的内容を明記している
②その合意が成立している
③高額ではない

この場合、特約は成立している可能性があり、
消費者契約法上でも必ずしも無効とはいえません。

クリーニング特約は契約書に一般的に
記載されていることが多いようで、
契約時に説明を受け署名押印していたら、
法外な値段でない限り無効ではない、
ということになろうかと思います。

ただし、悪徳なケースとしては、
クリーニング代をもらっておきながら、
クリーニング代でおさまるべきメンテナンス代を
追加請求するような大家さんや業者がいるようですね。

このような場合には調停や裁判などでの
争いになる可能性もあります。

退去時には大家さんや業者任せにしないで、
自分でもしっかり証拠などを
残しておく必要がありますね。

引越しして新しいスタートを切るのに、
退去時のトラブルで嫌な気分にならないよう
気をつけたいものですね。

〒870-0045
大分県 大分市 城崎町一丁目3番12号
Law Station 城崎1F
tel. 097-538-1418
fax.097-538-1438
大分の暮らしをサポートする司法書士法人事務所、ほり司法書士法人です。
不動産登記関係、会社設立に伴う商業登記、その他の業務など、暮らしの中で出てくる司法書士に関わる業務は、大分の司法書士法人事務所、ほり司法書士法人にお任せください。
copyright©hori office 2012.all right reserved.